北海道旅行

冬の国内旅行でおすすめな観光地はありますか?

投稿日:

冬の国内旅行なら優雅なタンチョウが見られる鶴居村がおすすめ

タンチョウが飛んでいる

優雅なタンチョウが見られる

冬の国内旅行としておすすめなのが北海道の鶴居村です。鶴居村は釧路湿原の近くにあります。タンチョウは頭に赤色の部分があり、特別天然記念物に指定されている希少なツルです。

日本では北海道にしか生息しておらず、中々見られない鳥となっています。しかし鶴居村ではエサの少なくなる冬になるとタンチョウの餌付けを行っており、高確率で見られるのが良いところです。

鶴居村に飛来してくるタンチョウは釧路湿原や湖沼、河川などに生息しており渡りをしないと言う特徴があります。鶴見台や鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリなどの給餌場が鶴居村にあり、毎年多くの観光客の方が来ています。

タンチョウの鳴き声は意外と大きいです。遠くに居てもハッキリ聞こえ、優雅に飛んでいるタンチョウを見られるのが魅力です。

音羽橋と言う撮影スポット

鶴居村には音羽橋と言う撮影スポットがあります。川霧が立ち込める中にタンチョウが休んでいる姿を撮影できることがあります。

冬になると大砲のような超望遠レンズを構えたカメラマンの方も良く撮影に来ています。ただし路面が凍結しているため、大変滑りやすくなっています。

普通の靴では転倒しやすく危険なため、冬用の滑りにくい靴を履いて下さい。冬の早朝はマイナス15度以上に気温が下がることがあります。

暖かい服装で出かけることが必要です。フラッシュはタンチョウを驚かすことになるため止めて下さい。

釧路湿原の近くを走るSL冬の湿原号

釧網本線の釧路から標茶まで、SL冬の湿原号が運行されています。白い蒸気を吹き出しながら、釧路湿原の近くを走るSLの迫力ある光景を眺められます。

昔懐かしいSLに乗車して楽しむ観光客の方も多いです。運が良ければタンチョウとSLと一緒に撮影できることもあります。例年1月末頃から運行が始まり、2月末頃まで乗車することが可能です。

SLと言った車両の関係上、多くの本数はありません。運転区間と時刻を事前に確認して下さい。走っているところを見学するときは線路に近づかないようにして下さい。

\ シェアしてください /

-北海道旅行

Copyright© 格安の国内旅行の魅力を伝えて不安な気持ちを吹っ飛ばす! , 2019 All Rights Reserved.